ニキビができた場合は積極的に皮膚科へ行きましょう

  • ニキビは絶対潰さない

    • ニキビの民間療法では、「潰すと早く治る」などというものもあります。

      しかし、これはNGです。
      かえって菌を繁殖させてしまう原因になったり、肌にクレーターをつくってしまう原因になります。絶対にやめましょう。潰すときにはおそらく指を使う人が多いでしょうが、指には雑菌がたくさん付着しています。


      潰して傷ついた肌に指の雑菌が入り込んでしまえば、新たに炎症を引き起こしてしまう危険性があります。
      白ニキビや黒ニキビなど、初期のニキビの場合には、清潔なピンセットなどでうまく取り出せることもありますが、これはごく稀なケースです。
      ほとんどの場合は症状を悪化させてしまうことになります。


      医療機関では、医療用のレーザーや針を使って圧力をかけてニキビを取り出す治療法もありますが、これは専門医が専用の道具を使っているから可能になる技術です。
      自力で針やピンセットを使って潰したり中身を取り出そうとしても、肌を傷つけてしまうだけです。

      早く治したい、人に見られるのが恥ずかしい、という気持ちはわかりますが、いじればかえって治りが遅くなります。


      まずは市販の抗炎症薬を使ったり、皮膚科でもらった抗生物質を使っていじらないようにしましょう。

      洗うときにも刺激を与えないように、泡で包み込むように洗いましょう。

      ゴシゴシ擦ると患部が破れてしまったり、潰れてしまうことがあるので気をつけましょう。

      いじれば1週間かかるかもしれませんが、いじらなければ2日程度で治ることもあります。
      ニキビ対策には、普段の食事を見直すという対策も効果があります。
      だからといって極端に何かを制限するのはよくありません。


      栄養バランスが大切です。

      特定の食べ物を制限するよりも、栄養バランスに注意しましょう。
      ただし、動物性脂肪や糖質は取り過ぎればよくありませんので注意しましょう。アルコール、コーヒーや紅茶、香辛料の多い刺激物などは、あまりよくありませんので控えめにしましょう。

      だからといって我慢し過ぎてストレスを溜めるのもよくありません。
      適度に楽しむようにしましょう。


      ニキビ対策としては、鶏肉や魚介を中心とした鍋ものを食べると効率よく野菜もとれますのでお勧めです。

      肌にとってはビタミンCは摂っておきたい栄養素ですが、体内に貯蔵することができない栄養素ですのでこまめに取るように心掛けましょう。
      皮脂を増やしてしまう牛や豚でたんぱく質をとるよりも、鶏肉や魚を中心に考えると良いです。大豆製品もお勧めです。


      女性は大豆や大豆製品を摂ることで女性ホルモンに似た働きのある大豆イソフラボンも摂取できるので積極的に食べると良いです。


      カロリーや脂肪のことを考えると調理法も大切です。


      洋食よりも和食のほうが、低カロリーで脂肪分も少ないのでニキビ対策が簡単になります。現代人は忙しいですし、摂りにくい栄養素もあるため、サプリメントを活用するのも効果的です。


      青汁などの健康食品を利用した対策も効果が期待できます。

      栄養バランスを考えながら取り入れると良いです。

      快適な暮らしを実現するための横浜の医療レーザー脱毛に有益な情報の紹介です。

      東京の永久脱毛サイトを今すぐ確認してみましょう。

      関西の自毛植毛情報選びを親身になってアドバイスいたします。

      新宿の医療レーザー脱毛の比較情報選びに特化したポータルサイトです。

      オールインワンゲルの口コミのお得情報を用意いたしました。

      http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160517/Leafhide_beauty_news_fTzNbb7Zz0.html

      http://girlschannel.net/topics/235363/2/

      http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK04009_U4A300C1000000

  • 関連リンク

    • 乾燥肌は、素肌が乾燥している状態ですから、ニキビにはならないイメージがあるかもしれません。脂ギトギトの肌ならば、肌荒れになりやすいのはわかりますが、乾燥している肌ならば、ニキビになるとは考えにくいものです。...

    • ニキビは思春期から20代に出来やすい肌荒れです。肌質が元々敏感肌の方や、皮脂が過剰に分泌してしまう脂性肌に出来やすい傾向があります。...