ニキビができた場合は積極的に皮膚科へ行きましょう

  • ニキビの原因とメカニズム

    • にきびは、皮脂とアクネ菌とホルモンが影響をおよぼしあうことで起こる皮膚の炎症性疾患です。

      毛穴が古い角栓や皮脂で詰まるところからはじまり、単純に毛穴が詰まっただけの状態を白ニキビ、毛穴が開いて皮脂が黒く酸化した状態を黒ニキビといいます。

      そこにアクネ菌が影響することで悪化し、炎症をひきおこします。アクネ菌は皮膚常在菌と言って、人の身体に存在する微生物のひとつです。

      普段は悪さをせずに大人しくしているアクネ菌ですが、皮脂が大好物なため、毛穴に詰まった皮脂を栄養に増殖してしまいます。


      結果、膿が溜まったり炎症が起こったりするのです。


      俗に、赤ニキビや黄ニキビといわれるのがこの状態です。

      さらに酷くなるとつぶれて膿が吹き出し、傷痕となって残ってしまいます。

      思春期はホルモンバランスが不安定なために、皮脂の分泌が増えてにきびができやすいです。
      しかしこの場合は、大抵の人は歳を重ねるとホルモンバランスが整って、だいたい20代半ば位には落ち着きます。


      女性の場合、生理も原因のひとつ。

      生理中は皮脂の分泌量を増やす女性ホルモン(黄ホルモン)が多くなるため、にきびができやすくなります。
      そして現代人ならではのストレスや不摂生、睡眠不足なども皮脂の過剰に分泌させます。
      皮脂の多い部分というと「顔」ですが、実は背中も皮脂線が多く汗もかきやすい場所です。


      お風呂に入った際によく洗えてなかったり、逆にボディーソープなどが充分に洗い落せていないことが原因となってにきびができます。


      にきびを根絶することは難しいですが、原因やメカニズムを知ることで予防することはできます。

      ニキビを治していくにあたり、オイルは使おうとは思わないアイテムでしょう。

      ただでさえも顔は脂っぽいことも多いですから、これ以上ギトギトにさせるわけにはいきません。しかしオイルの中には、ニキビ改善を手助けしてくれる、肌に優しいオイルもあります。

      それが、ホホバオイルの存在です。


      ワックスエステルは、ホホバオイルのメイン成分です。


      この成分の構造は、皮脂成分とよく似ています。


      肌に使うことで、皮膚を守り乾燥を防いでくれます。


      ホホバオイルは、ホホバの実より採取するオイルであり、高い保水力を持ちます。
      熱にも強く、酸化しにくい特徴があります。

      油脂と思うかもしれませんが、ホホバオイルの分類は、植物性ワックスです。ワックスエステルは、ホホバオイルの持つ、最大の特徴でもあります。皮脂成分に似た構造は、人間の肌にもなじみやすいですし、浸透も高いものです。クレンジング剤として使用することで、皮脂汚れをナチュラルに落とす効果があります。自然の恵みでの成分ですから、肌への強い負担もありませんし、過剰に皮脂を落とす心配もないです。
      それどころか、過剰な皮脂はオフしても、必要以上には落としません。

      ニキビには乾燥は大敵ですから、乾燥させることなく、余分な皮脂は除去するということになります。

      ホホバオイルは、ニキビ対策に必要な、ビタミンも豊富に含んでいます。


      ビタミンAやビタミンE、ミネラルも豊富であり、素肌の代謝アップにも力となってくれます。

      皮膚科の全身脱毛の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

      ターゲットに応じた新宿の医療脱毛を調べるならこのサイトです。

      期待できる柏で脱毛情報を利用しましょう。

      池袋の永久脱毛に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

      最高の東京の発毛のランキングの情報はこちらです。

      http://rocketnews24.com/2013/04/28/323084/



      http://matome.naver.jp/odai/2142433991917364901

  • 関連リンク

    • 乾燥肌は、素肌が乾燥している状態ですから、ニキビにはならないイメージがあるかもしれません。脂ギトギトの肌ならば、肌荒れになりやすいのはわかりますが、乾燥している肌ならば、ニキビになるとは考えにくいものです。...

    • ニキビは思春期から20代に出来やすい肌荒れです。肌質が元々敏感肌の方や、皮脂が過剰に分泌してしまう脂性肌に出来やすい傾向があります。...